フットサル大会 KAMOカップ 開催

2015年07月30日 23:00

本校のグランドは極めて恵まれた条件のもとにあります。白い線で引かれたサッカーコートの中に、青い線でフットサルコートが何と6面も書かれています。フットサルゴールも体育科が追加購入し、12基ありますので、6面同時にフットサルの試合を実施することが可能です。そんなことが可能なグランドは、おそらく学校現場では立命館だけだとおもいます。実際普段のトレーニングでもこのフットサルコートは大活躍しています。オランダ式のクアトロサッカー(4対4)を毎日やることで選手は勝手にうまくなっていきますし、コート半面を使えば8~12人程度の人数でポゼッショントレーニングもすぐに取り掛かることができます。

 

その好条件に目をつけていただき、今回初めてフットサルの大会(KAMOカップ)を実施することができました(フォトギャラリーに写真上げてます)。

実施にあたってはサッカーショップKAMO様にサポートしていただきました。

 

6チームが集まり、トップリーグ(各校ベストの1チームの総当たり戦)と交流リーグ(各校の人数に応じて複数編成されたBチームの交流戦)に分かれて一日試合を行いました。

 

立命館は、2年生がトップリーグに参加し、1年生が交流リーグに参加しました。こうして、練習大会とはいえ初めて新チームは実戦経験を積むことができました。結果は、トップリーグは勝ち点を稼げず下位に沈みました。

 

交流リーグは勝ちを重ねましたが最後の試合で黒星を喫してしまい、最終的には2位でフィニッシュ。

 

2年生はここから試練の1年です。人数も少なく、まだまだ経験値が不足している選手たちが、「2年連続で府大会に進出し、市内でも山城でも上位に食い込んでいる過去の実績」と戦わなければなりません。でも、真面目でひたむきな立命館スピリットを継承し、団結し、励まし合いながら泥臭く勝負することができれば、もしかしたら今までで一番成長できるチームになるかもしれません。出だしからある程度完成されていた現3年生チームとは違い、今の2年生新チームはあまりにも未完成です。その分伸びしろも多いとみています。可能性を信じて頑張ることができるかどうか。

明日からいよいよ11人制サッカーの新チーム始動です(相手は近畿に出場する西京極・3年生は近畿出場チームの練習相手をつとめます)。2年生はおそらく、最初は負けてばかりだろうけれど、必ず勝てるチームに仕上げます。

 

1年生は負けん気の強さも見せ、初心者も頑張り交流リーグで成長することができました。初心者キーパーや、初心者フィールドプレーヤーを励ましながら頑張れていました。個人的には前線で気の利いたプレーをする森田君のサッカーセンスや、和田君の粘り強い守備力に驚かされました。しかし、全体的には、ボールを失わないように動かしながら敵を走らせ、空いたギャップ(敵の隙間)にドリブルで侵入していく、そこから更に敵を引き付け次に空いた選手を使ってシュートを打たせる、といった賢いプレーをするほど戦術眼のある選手はまだいませんでした。個人技の使いどころの見極めがまだまだ甘い。でも、みんなで頑張って得た勝利はやはり貴重な経験です。

 

 

3年生はまだまだ活動していきますが、新チームも動き出しました。

新人戦に向けて頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。