京都府選抜への道

2015年09月18日 00:00

新人戦直前ですが、大会と関係のない話題を1つ。

今年度、2名の選手が京都府選抜の選考会に呼ばれました。

3年生馬場くんと、1年生高島くん。地区の選抜はこれまでも何名か選ばれてきましたが、京都府選抜へとなると、ここ数年は挑戦権を得る選手はいませんでした。

それが今年度は2名。何が変わったのでしょうか。

もちろんこの2名が純粋に高いレベルのプレイヤーであること。
これがほとんど全ての理由です。

しかし、彼らは立命館中学に来る前から、府代表の選考に呼ばれるほどの飛び抜けたすごさを持っていたわけではありません。

馬場くんはもともと、中1のときに京都市選抜の2次選考で落とされた過去があります。そこから京都市選抜には選ばれることなく、移転して山城地区選抜に選ばれ、そこから推薦され選考会に呼ばれました。
中学の3年間でプレーの幅が広がり、パスとドリブルの使い分けをおぼえ、的確な判断をしながら勝負どころでパワーとスピードを解放するドリブルを出せるようになりました。

高島くんは、まだ1年生。小学時代の経験もあり、入部時点からレベルは高かったですが、試合の中で飛ばしすぎて体力、ペース配分がうまくいかずに60分ゲームの中で試合の最後にパワーが無くなってしまう(試合から消えてしまう)こともしばしばありました。

 

彼らが成長した背景には「先輩の試合に出場していた」という経験があります。

馬場君は2年生のときから、1学年上の試合に出場し、経験を積みました。京都市の大会で決勝に進んだチームの真ん中で、よく走りハードワークが売りの中盤の先輩たちに守られながら、自分の長所を出させてもらっていました。そのおかげで、自分たちの学年では悠々とプレーする余裕が生まれ、プレーの幅が広がりました。

 

高島君は1年生ながらスタメンで3年生の試合に出場するという機会に恵まれ、こちらも山城大会の決勝までの熱い試合を先輩とともに経験しました。体が大きい選手相手でも、タッチ数を減らし、勝負所で敵の逆(背中)をとっていくドリブルと、ロングキックが蹴れれば勝負していけることを学んでくれました。こちらもやはり、技術力のある先輩たちがためをつくれるので、守備にも存分に走り、攻撃にもからむことができ、トップ下として経験を積みました。

そのおかげもあってか、山城地区の選考会ではロングパスやロングシュートをたくさん決めたようです。

 

少しずつ、「立命館の選手」が京都で認識されるようになってきたのも、選手自身の頑張りに加えて、チームが勝てるようになってきたこと、また何年間もの練習試合の積み重ねの中で、1試合1試合を頑張ってきたことで、普段の大会では当たらないクラブチームの関係者にも「立命館は頑張るチーム、いい選手がいる」と評価をもらってきたおかげだと思っています。

 

「立命館の選手は何かを持ってる」と期待してくれる人をこの数年間(私が来てからは8年間)でたくさん増やしてきました。そのおかげで、2名の選手が期待され、上に上がるチャンスをもらいました。8年間の間にたくさんの選手が選抜の選考に呼ばれ、悔しい思いもしてきました。でもそうやってチャレンジしていった結果、本当に久しぶりに京都府の扉をたたく生徒が生まれました。

自分の実力に加え、先輩たちの足跡のうえに、自分の挑戦があることを忘れず、頑張ってもらいたいと思います。

 

結果がどう出ても、いい経験です。

 

3年生の馬場君と嶋岡君には、高1で国体代表入りを目標にするよう言っています。

今回の結果に関わらず、まだまだチャンスはあります。

 

高島君も、中学3年間の最初のチャレンジなので、失敗を恐れず、めいっぱい頑張ってきてください。

 

新人戦とは少し関係ない話ですが、こんな個人戦もありますので、紹介しました。

応援してあげてください。