春季大会3位 8年間お世話になりました 選手に感謝

2016年04月18日 16:39

乙訓地区春季大会 4月16日(土)・17日(日)

1回戦
立命館4-1(0-1,4-0)西の丘中学

準決勝
立命館0-2(0-0,0-2)長岡第三中学

3位決定戦
立命館2-0(0-0,2-0)寺戸中学

春季大会 第三位 (賞状をゲット)

このHPを長らく続けて参りましたが、監督(田中京平)による更新は、おそらく今回が最後となります。

顧問体制が一新され、新たな先生方を迎え、立命館中学校サッカー部は再スタートを切ることになりました。監督(田中京平)は、高校サッカー部に異動し、新たなチャレンジをします。

この春季大会は、8年間にわたって監督をつとめさせていただいた私の最後の大会となりました。

初戦は前半0-1ビハインドからの、後半残り15分での4ゴール逆転勝ち。

準決勝は、山城地区No.1中学校を相手に、粘り強く戦いながらの悔しい敗戦。

3位決定戦は、昨年度の先輩たちが準決勝で逆転敗けを喫した相手に、後半の2ゴールで気迫の勝利。

全ての試合が、新中学2,3年生チームのベストゲームだったと思います。 

先輩たちの実績が重圧となり、苦しんだ世代の選手たちが、この春の大会では躍動してくれました。
課題はたくさんありますが、本当に素晴らしい試合を見せてくれました。

『観る人の心を揺さぶるサッカー』

立命館の選手たちは、気持ちのこもったプレーで、応援してくださる保護者を魅了してくれます。

現中学2、3年生チームも、その伝統をしっかりと引き継いでくれました。
この大会のサッカーは、(内容はまだまだ甘いですが)観る人をひきつける感動的なサッカーだったと思います。

そして、私自身、振り替えればこの8年間、素晴らしい勝利や、悔しい敗戦がたくさんありました。
チームとして、そのようや経験を糧にして少しずつ成長を重ねてきました。

今のチームは、サッカーの強さでは先輩に、まだ及ばないかもしれません。
しかし、人の心を揺さぶるような、熱いサッカーは、しっかりとできるチームになりました。

一昨年の京都市の大会の準優勝も、昨年度の乙訓大会の優勝も、本当に素晴らしい勝利でしたが、今回の3位表彰も、私にとっては8年間の集大成となる、素晴らしい勝利でした。

選手のみんな、本当にありがとう。

そして、立命館中学校サッカー部のバトンを引き継いでくれた過去の選手たちにも、感謝しています。君たちのお陰で、立命館中学校サッカー部が、一歩ずつ成長してくることが出来ました。

これからは、中学校サッカー部は新たな顧問の先生のもと再スタートを切ります。

私は、中高6年間一貫サッカーの基盤をつくり、高校サッカー部を更なる高みに導けるよう、挑戦してきます。

引き続き、立命館中学校サッカー部への応援を、よろしくお願いいたします。

 

※大会の写真などをたくさん提供していただきました。ありがとうございます。

随時更新していきますので、ぜひご覧ください。