FAリーグ第2節 戦評

2015年02月11日 00:00

立命館中学校2-1(1-1、1-0)太秦中学校2nd

 

新人戦の準々決勝で戦った太秦中学校の2ndチームとの対戦でした。

相手は2ndチームとはいえ、U13の大会で優勝(or準優勝?)しているチーム。気を引き締めて臨みたいところでしたが、こちらは土曜授業のため3限終了後すぐ電車に乗り、到着後すぐ着替えてアップもそこそこに試合開始となりました。

 

1学年の差があるので、スピードではこちらが上回る試合内容となりました。先制点を奪うまでは問題ない試合運びでしたが、そこから相手はさすが1学年下のトップレベル、素晴らしいポテンシャルを発揮し試合の流れを引き戻されました。

 

ハーフタイムにはピッチ内の選手たちのバランスの悪さを指摘しました。

 

DFはどんどん前に出ていくにもかかわらず中盤は下がってボールを受けたがるので、攻撃的にいってるはずなのにCFが孤立するという矛盾に陥ってました。結果的にアタッキングサードを攻略する人は少なく、ミドルサードに人がいっぱい。ミドルサードは上がってきたバック、ボランチ、トップ下が横一列にひしめきあって窮屈にパスを回す。結果、奪われたら縦パス1本でミドルサードにいる全員が背後を取られてしまいカウンターを受ける。逆に相手の1トップは素晴らしい快速で、うちの守備を破っていきました。

 

前半の途中でこの矛盾に気づきましたが、さて残りの10分~15分でどう立て直せるか?とあえて大きな指示も出さずに見守りましたが、やはりなかなか難しかった。

 

「なんか上手くいかないな」と思った時に、ピッチ内の選手はどうすればいいのでしょうか?

ポイントはいくつかあります。

例えば…

①CBのラインの高さを変える

②プレスをかける位置を変える(前線の選手がどこまで深追いしていくか?など)

③味方選手との距離感を変える(CFとトップ下が近付く、ボランチがCBの横まで下がるなど)

④攻撃の起点を変える(後方から組み立てるか、相手の背後を狙っていくかなど)

 

1つ1つはそれほど難しいことではないし、ピッチ内で話し合えばいいことなので、実践できると思います。

監督も外からこれらのことを考え、また相手のキーマンの位置やこちらのストロングポイントなどを考慮し指示を出します。選手たちは、うまくいかない時間帯が訪れた時、まずは上の4つの視点などを持ってピッチ内で話し合ってみてはどうでしょうか。そういうことができるとサッカーはもっとおもしろいですね。

 

失点したら全員で集まって15秒くらい話し合ったり気持ちを入れ直してからやり直すチームもあります。試合中に集まって話し合ってはいけない、なんていうルールはどこにもありません。

サッカーはどのスポーツよりも自分たちで考え、自由にやりたいことを表現できるスポーツです。

 

それにしてもU13で勝ち上がり次の大会を直前に控えていた相手チームはベストメンバーで勝ちにきました。

自分たちより速くて強い1つ上の立命の選手相手に素晴らしいサッカーをされました。

試合には勝ちましたが、強烈な刺激を受けた試合となりました。