player'sインタビュー(3)

2013年12月12日 00:00

第3回のplayer'sインタビューは、現在立命館大学4回生の山下健斗先輩。

昨年度まで立命館中学サッカー部のコーチをしてくれていた先輩です。

顧問 田中がこの学校に赴任した時高校2年生で、最初に担任した生徒です。

ブラジルに留学してサッカーのホペイロを務めたり、JFLのMIOびわこ草津や町田ゼルビアの運営に関わるなど、卒業後も魅力的なサッカー人生を送っているようです。

 

 

1.中学生活を振り替えってどうでしたか?
中学生の頃は、サッカーはもちろん、クラス活動や学校行事など、積極的に参加していたので、非常に楽しい学校生活でした。部活では同期の部員が少なかったこともあり、結果は出なかったのですが、チームとしてはまとまっていたので、毎日の練習が非常に楽しかったです。後は、自分の同期達は個性的なヤンチャものが多かったのでよく顧問の先生やコーチに怒られていたのも今では良い思い出です。笑

2.中学・高校サッカーを通じて得たものは何ですか?
準備をすることの大切です。練習や試合で用具の準備、体の準備、心の準備ができていないとサッカーはできません。当たり前のことなのですが、これらの準備を毎日怠らず、自分の最高のパフォーマンスを出すことが大切だと、気付くことができました。このことは、高校の川岡先生、中学の山本一之先生によく言われていました。

3.中学・高校サッカーで思い出に残っている試合はありますか?
中学・・中学1年の時のU-13の試合で、各ポジションにトレセン選手がいた付属桃山に0-6で負けて、二年後の中学3年の時のU-15の試合で3-1で勝利し、リベンジを果たした試合です。中学で1番嬉しくて1番疲れた試合でした。

高校・・高校3最後の大会である選手権予選で桂高校にPK戦で、敗退した試合です。自分は出場していなくてベンチから見ていたのですが、負けて高校サッカーが終わったと思うと、悔しさと力が抜けた感じが当時していました。


4.中学時代の後悔があれば教えてください。
もっともっとサッカーが上手くなるために練習すればよかったと今でも思う。特にドリブル。ドリブルが出来れば、周りも見れるしプレーの幅が広がると思う。 中学の時は対人、戦術の練習が多かったので、個人技術を伸ばす練習をもっとしておくべきだった。

5.立命館中高卒業後、どのようにサッカーと関わっていますか?
高校卒業後は中学のサッカー部のコーチや、クラブチームのスクールコーチとして指導者としてサッカーに関わったり、またJFLのチームで主務として関わったりしていました。趣味としてもサッカーの試合をよく見るので、毎日サッカーから離れられない毎日です。

6.これから(将来)のことについて、どう考えていますか?
どんな仕事をするにしろ、サッカーに関わるようなことはしていきたいなと考えています。


7.中学サッカー部の後輩にメッセージをお願いします。
とりあえず、サッカーをめっちゃ楽しんで、サッカー小僧になってください。今の時間はとても貴重です。サッカーばっかりしてください(勉強と恋愛も怠らず)。そして、一緒にサッカーやっている仲間を大切にしてください。そして先生の言うことをよく聞いてください。
充実した中学生活をおくってください!